教育方針・教育目標

◆ 教育方針

 本校の教育は、日本国憲法、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に基づき、新しい時代の個性豊かな文化の創造と人権尊重の民主的な社会の形成者として主体的に生きる国民の育成を期して推進する。

 

◆ 教育目標

(1) 日々の学習を大切にし、やる気を育て、創造的な知識技能を養う。

(2) 規律正しい生活習慣を身に付け、健康で心豊かな人間性を培う。

(3) お互いの人権を尊重し合い、信頼と協力によって活気ある学園づくりを目指す。

 

◆ 目指すもの

モットー 「 しっかり勉強 きっちり行動 はっきり発表」

 

(1) 目指す学校像

   教職員英知を結集して、確かな学力、豊かな人間性、たくましい心身や社会感覚をバランス良く備え、将来社会に貢献できる「生きる力」をもった人材を育成する。

(2) 目指す教員像

   @ 教職に対する強い情熱をもっている。          

   A 教育の専門家としての確かな力量をもっている。   

   B 総合的な人間力をもっている。              

(3) 目指す生徒像

   @ 自己の能力を磨き、生き生きとした創造性を発揮できる。   

     創る喜び

   A 人や自然を愛する豊かな感性をもち、共に生きる力をもてる。   

     豊かな心

   B 地道に努力して積み上げ、社会で生かせる確かな実践力をもてる。   

     励む力 

 

◆ 今年度の重点目標

 チャレンジ精神に満ち、どんな困難にもくじけず 

 正々堂々と生きる人間を

「ゆっくり じっくり たっぷり」育てる学校づくり

 

(1) 発達段階に応じて分かる授業を目指し、基礎的、基本的指導及び必要な支援を行い、特別支援教育の充実を図る。また、社会で自立して生きていく力を身に付けられるよう、キャリア教育の充実を図る。

(2) 基本的な生活週間や人間としてもつべき規範意識を身につけ、主体的に判断して行動できる力を育てる。

(3) 部活動をはじめ、全ての生徒の活動を昨年度以上に活発化し、ルール・マナーの習得、自主性の育成、リーダーシップの育成、達成感による自己実現や自尊感情の醸成を図る。

(4) 健康で生き生きと生活するために、望ましい食習慣を身につけ、自己管理能力を育てる。

 

◆ 本年度の具体目標

 Improve Quality (質の向上)

学校、授業、行事、教職員、生徒など全ての

 

(1) ・中・高の関連を踏まえ、つまづきを発見し、その対策に努める。

      ・わかる授業を目指して、基礎的・基本的事項に重点を置き、指導内容を精選する。

      ・体験的学習を重視し、つくる喜びを味わい、正しい勤労観を培い、社会での自己実現を図る態度を育てる。

(2) ・自ら基本的習慣を身に付け、集団や社会のルールをしっかり守ることができる人間を育てる。

       ・教職員と生徒との人間的な触れ合いの場を広め、ひとりひとりを深く理解する。

(3) ・生徒ひとりひとりが、ホームルーム活動・クラブ活動・生徒会活動・学校行事などに主体的に参加できるようにする。

       ・ホームルームの活動を活発にし、豊かな校風を創造する。

(4) ・自分の健康は自分で守るという自己管理能力を育成する。

       ・家庭・地域と連携して食育の推進を図る。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る